「無料!社長の手取りを7桁増やす方法」は、1日1回、10日間にわたって、メールが届きます。

10日間で、社長が賢くお金を残す方法を学ぶことができるメルマガです。

会社のお金についてこんなお悩みはありませんか?

  • 売上が伸びているのに会社にも個人にもお金が残らない
  • 社会保険料の負担が重い
  • 利益を出した翌期に役員報酬を上げても手取りが増えない
  • いつも税金や借り入れの返済に追われ自転車操業
  • ゆとりある老後資金の準備ができない


そのお悩みの解決方法を社長のファイナンシャルアドバイザーがこっそり教えます!

初めまして。群馬FP事務所の松田聡子です。
私は保険会社で法人営業をしていた頃から、中小企業の社長のお悩みに接してきました。

特に創業社長さんの場合、起業したての頃はとにかく売上さえあがればという感じで事業を軌道に乗せることで精一杯です。
売上があればすべての問題は解決するというような認識の方も少なくありません。

確かに、当初は役員報酬もほとんど受け取れないようなこともあるでしょうから、それは仕方ないといえます。
ところが、事業が軌道に乗って役員報酬もきちんと受け取れるようになると、今度は別の問題に遭遇します。

それが、「稼いでもお金が残らない」ことです。

税理士さんに相談しても節税の保険を提案してくれる程度で、悩みの根本的な解決にはほど遠いことがほとんどです。
でも、工夫次第でお金をもっと残すことは可能なのです。

このメールセミナーでは、日本経済を支える中小企業の社長さんの手元に少しでも多くお金を残すためのノウハウをお伝えしています。
ぜひ、今すぐご購読ください。



雑誌などのメディア掲載実績

雑誌

雑誌

ファイナンシャルアドバイザー 2012.05 松田のFP業務のインタビュー記事が掲載されました


群馬

群馬よみうり 2013.03 特集「やっぱり気になるお金の話」に松田のインタビュー記事が掲載されました


上毛新聞

上毛新聞

上毛新聞 2013.03.06 「資産塾」に松田のインタビュー記事が掲載されました

お勧めします

中小企業の事業再生やマーケティングの分野でご活躍の経営コンサルタント(中小企業診断士)、コンサルタント アクト・アズ代表の鴻上まつよ様から推薦をいただきました。

松田さんは、中小企業経営者の身になってアドバイスしてくれるお金の専門家です

コンサルタント アクト・アズ 代表 中小企業診断士 鴻上まつよ 様

群馬県高崎市で主に旅館業・飲食業への事業戦略策定や経営改善、マーケティングのコンサルを行っております、コンサルタント アクト・アズの鴻上まつよと申します。

私の実家は中小企業を営んでおり、度々資金繰りが苦しくなることがありました。
そんなある日、顧問税理士から紹介された中小企業診断士に資金繰り改善のアドバイスを受け、以後、会社は資金繰りに行き詰まるようなことはなくなりました。
私はこの経験から、税理士だけでは会社の経営の諸問題は解決できないことを実感し、自らが中小企業診断士になることを志しました。

会社のお金のことをファイナンシャルプランナーに相談するというと、「どうしてファイナンシャルプランナーに相談するんだろう」と思われるかもしれません。
でも、税理士は法人税や消費税のことには長けていますが、中小企業オーナーほど必要な法人と個人の節税をトータルで考えたり、社会保険料の節減のことまではアドバイスできません。
私たち中小企業診断士も資金繰りのアドバイスはできますが、節税などは門外漢です。

もちろん、すべてのファイナンシャルプランナーが会社のお金の相談ができるわけではありません。
むしろ、法人向けのアドバイスができるファイナンシャルプランナーは少数派といえます。
ただ、松田さんは法人向けのアドバイスができるしっかりしたスキルを持った数少ないファイナンシャルプランナーの一人です。
そして、顧客の利益を第一に考えたアドバイスをしてくれます。

また、法人や個人に残すことができたお金を安全に増やすための知識も豊富なので、私もわからないことは松田さんに教えてもらって助かっています。

松田さんのコンサルを受ければ、お金の不安がなくなり、リタイアするまで会社を発展させることができるでしょう。
あなたが今、お金が残らないことでお悩みなら、松田さんに相談することをお勧めします。

このメールセミナーからあなたが得られるメリット

    • 難しい財務知識がなくても賢くお金を残す方法が学べる

      会社の社長だからといって誰もが財務のエキスパートではありません。自分は財務諸表もよくわからないが・・・大丈夫です。財務の専門知識がなくてもこのメールセミナーに書いてある基本を押さえればお金を残すことができますよ。

    • 会社の業績や財務状況に関係なく社長の手取りを増やせる

      「手取りを増やすといってもわが社は赤字経営だし・・・」そんな心配はご無用です。黒字の会社なら大きなメリットがありますが、赤字の会社にも効果のある方法ばかりです。

    • 現状の支出を変えないで社長の手取りを増やすことができる

      手取りを増やしたいのはやまやまだけれど、そのために大きなキャッシュアウトがあるのは困る。そんな不安をお持ちではないですか?会社と個人のトータルの支出は変えずにお金を残すことができます。つまり、社長に大きな経済メリットがあるということです。

  • 多くの中小企業での導入実績がある方法を学べる

    メールセミナー著者の松田聡子は企業のファイナンシャルアドバイザーとして日々、活動しております。そうした実際の事例に基づいた方法をお伝えしています。

このメールセミナーを読んでできることを実行すれば、勇退までに3000万円以上残せるお金が変わってくるかもしれません。
事実、「無料でこのような情報を受け取っていいの?」とのお声もいただいています。

このメールセミナー終了後も不定期でお役に立つ情報をお伝えしていきます。
「会社と個人に少しでも多くお金を残したい」とお考えなら、ぜひご購読ください。

メールセミナー執筆者について

 松田聡子(まつださとこ)
 ファイナンシャルプランナー
 群馬FP事務所 代表





経歴


◆群馬県高崎市在住(出身は前橋市)
◆血液型 : B ◆家族 : 夫、長女、長男
◆明治大学法学部卒

コンピュータ会社を経て国内生命保険会社にて法人専門の営業に転身。
その際にFP資格を取得し、2007年にファイナンシャルプランナーとして独立。
法人個人のFP相談の他、カルチャースクール、職業訓練、確定拠出年金などの講師業に携わる。
得意とする分野は中小企業オーナー社長へのファイナンシャルアドバイス、確定拠出年金の導入コンサルなど。確定拠出年金講師で得た年金や運用の専門知識を生かし、資産運用のアドバイスにも強みを持つ。

もっと詳しいプロフィールはこちら

【保有資格】
日本FP協会認定CFPⓇ、
DCアドバイザー、証券外務員二種、
第二種情報処理技術者

*CFP(R)、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

今、ご登録いただいた方へのプレゼント

小冊子「法人オーナーの手取りを増やす5つの方法」

このページをお読みくださっている方は、中小企業の社長さんで、もっとお金を残したいとお悩みだと思います。
寝食を忘れて事業を発展させてきたのに税や社会保険料に稼いだお金の大半を持っていかれてしまう。

この悩みを解決するには、ズバリ「税金」と「社会保険料」のコストを最小限に抑えることです。

では、具体的には、どうやって社長の手取りを増やしていくのか?
その方法の一部をご紹介するレポートを作りました。

ご紹介する法人オーナーの手取りを増やす方法は5つです。
うまくすれば1つの手法だけで年間数十万円から数百万円の手取りを増やすことができます。

すべてすでに多くの法人オーナーが取り組んで成果を出している方法です。
あなたにも当てはまる方法があったら、即実行してくださいね。

このレポートは無料でダウンロードできます。
メールにてダウンロード先をお知らせします。

メールセミナーご登録

このメールセミナーは無料です。
解除も簡単ですので、ご安心ください。
個人情報保護方針をご確認の上、ご登録を希望されるE-mailアドレスを入力し、確認ボタンを押してください。

ご登録のメールアドレスには定期的にメルマガもお送りいたします。
いつでも解除できますので、お気軽にどうぞ。

自動返信で5分以内にあなたのメールボックスに1つ目のメールが届きます。
メールの最後に特典のダウンロード先をお知らせしています。

もしメールが届かないという場合は、迷惑フォルダやゴミ箱等ご確認の上、ご連絡ください。
携帯アドレスの場合は、予め受信できるように設定をお願いいたします。