2021年より、在職老齢年金制度は廃止となる見込みであり、これにより役員報酬を抑えなくても、年金は満額受給が可能となる予定でした。 しかし、財源の面で暗礁に乗り上げ、制度の見直しはさらに見直されることになりました。 経営・・・